中古のコピー機の保証面

コピー機を導入する際、保守契約を結ぶ事が一般的です。コピー機は、印刷料が多かったり、長年使っていたりすると、トラブルが起こる事は決して珍しくありません。その時、どこの業者に修理をお願いすれば分からないなど、問題点が生まれてきます。シンプルな作りのコピー機であっても、使用しているとメンテナンスが必要となり、必要な箇所は修理を行い、快適に使える様にしなければなりません。保守契約を結んでおけば、契約の範囲内で製品を保証してもらえるため、通常より修理費用が安く済む特徴があります。しかし、修理をお願いしない場合にも定額を支払う必要がある事が主です。

このような契約を結んでいない場合、中古のコピー機は定期的に修理が必要となり、それだけで高いコストがかかってしまう可能性が考えられます。また、中古のコピー機の場合、一部のメーカーや、型式が古くなっている機器については、保守契約を結べない場合があります。契約のない状態で利用すると、修理の費用が高くなりやすいです。もし、中古のコピー機を導入しようか検討されている場合には、製品に保守契約が結べるのかどうかを確認する事は欠かせません。それによりトータル的なコストが大幅に変動します。

About the author