月別: 2017年5月

中古のコピー機の保証面

コピー機を導入する際、保守契約を結ぶ事が一般的です。コピー機は、印刷料が多かったり、長年使っていたりすると、トラブルが起こる事は決して珍しくありません。その時、どこの業者に修理をお願いすれば分からないなど、問題点が生まれてきます。シンプルな作りのコピー機であっても、使用しているとメンテナンスが必要となり、必要な箇所は修理を行い、快適に使える様にしなければなりません。保守契約を結んでおけば、契約の範囲内で製品を保証してもらえるため、通常より修理費用が安く済む特徴があります。しかし、修理をお願いしない場合にも定額を支払う必要がある事が主です。

このような契約を結んでいない場合、中古のコピー機は定期的に修理が必要となり、それだけで高いコストがかかってしまう可能性が考えられます。また、中古のコピー機の場合、一部のメーカーや、型式が古くなっている機器については、保守契約を結べない場合があります。契約のない状態で利用すると、修理の費用が高くなりやすいです。もし、中古のコピー機を導入しようか検討されている場合には、製品に保守契約が結べるのかどうかを確認する事は欠かせません。それによりトータル的なコストが大幅に変動します。

中古のコピー機でも安心

中古のコピー機における利点は、やはり機種代が新品に比べると大幅に安いという部分があげられます。壊れたら短期間でも処分して良い、修理するつもりがない場合などに関しては、そもそもの機種代が安いために中古でも十分にお得さを感じられるのです。もし、壊れた時は修理をお願いしようと考えられている場合には、新品の方がトータル的なコストは安くなる可能性が高いです。中古の場合、型落ちの製品である事が多く、メンテナンスは販売店で行ってもらえるものの、修理はメーカーでしか行う事が出来ないというケースも多く、その場合には修理費用が高くついてしまう可能性があるのです。

もちろん、中古だからといって短期間で必ず故障してしまうとは限りません。印刷枚数が1日に何百、何千と行う環境で利用される場合、短期間で故障してしまう恐れはあるものの、簡単な事務作業でしか使われない場合などは、長期的に利用していく事が可能であると考えられます。新品と中古の機種代を比較すると、最新機器の場合だと何倍もの差がついてしまいます。コピー機にさほど経費をかけられないという場合には、とりあえず中古を導入し、それから故障したら新品を買うかどうか検討される方針でも良いかもしれません。

中古のコピー機はねらい目

コピー機を自社のオフィスに、あるいは小型の物を家庭に置かれるか検討されている事があると思います。本機は金額が決して安いものではないため、少しでもコストを削減して取り入れたいものです。そこで、手段の一つとしてあげられるのが中古のコピー機を購入する事です。ただし、コストの面で、新品と中古で必ずしも中古の方が経済的にお得になるとは限りません。

例えば、3年を超える期間利用し、印刷枚数も多くなる見通しがある場合であれば、新品の方がお得になるケースが多いです。そこに関係しているのが保守費用で、いわばコピー機が故障してしまった時の修理などに必要となる費用などが、新品の場合には少なくて済む事が多いのです。

対して中古のコピー機の場合、長期間利用する予定ではなく、印刷枚数も多いわけでなければお得に利用する事が出来ます。中古のコピー機を3年未満など、短期間だけ利用するのであれば、機種代が安いのに加え、保守費用も安く済むため、経済的に導入するのが可能です。しかし、機種代の安さから、長期間利用するのにも関わらず中古のコピー機を導入するとなると、保守費用の関係で新品を導入するよりコストが高くなってしまう場合があります。

中古のコピー機でも安心して購入できます

新しくコピー機を導入しようと検討している時、新品と中古のどちらにしようか迷われる事があるのではないでしょうか。いずれも同様に印刷を行えるものの、料金的な比較を行うとどちらがお得になるのか分からない事もあると思います。当サイトでは、安心して使えるコピー機に関する情報を紹介しています。また、中古のコピー機の比較ポイントもわかりやすく解説しています。

オフィス等にコピー機を導入するのであれば、新品である事に越した事はありません。しかし、費用的な問題により、新品ではなく、中古にしたいと思われる事もあるのではないでしょうか。しかしそこに生まれるのは中古では安心して使い続けられるのかという問題点のはずです。確かに、中古の場合、型落ちしていたり、過去に使用されていたりしたもののため、新品に比較すると故障しやすく、不具合も発生しやすいものではあります。しかし、今は中古のコピー機に対しても保守契約を結べるものが少なからずあるため、定期的なメンテナンスや故障した時の修理を低料金でお願いしやすくなっています。中古のコピー機を比較するときは、単純な新品当時の金額や状態だけではなく、故障の可能性、販売業者を比較することも大切です。

長期間利用するつもりであれば、新品の方がコストは安く、安全性が高いという部分はあるものの、中古のコピー機だからといってすぐに故障するとは限りません。事実、短期間であれば機種代や保守料金を含めると中古の方が低コストで使えるメリットがあります。中古でも性能的には十分に印刷機としての役目を果たす事が可能です。型落ちしている製品だからといって、安心して使えないという事は決してありません。事実、中古コピー機でも出荷前に入念な品質チェックを行い、各メーカーから認定されたスタッフによる整備やチェックもあり、設置した後もメンテナンスチームによる保守サービスがあったりと、安心して購入出来る業者はあります。中古コピー機の導入の際は、業者選びを入念にすることを心がけましょう。